一酸化炭素アラームがビープ音を鳴らしています–ビープ音をリセットして停止する方法は?

一酸化炭素検出器がオフになった場合はどうしますか? 一酸化炭素アラームが約1分ごとにビープ音を鳴らしています。一酸化炭素検出器が30〜60秒ごとにビープ音を鳴らすということは、新しいバッテリーが必要か、バッテリーが少なくなっていることを意味しますか?それとも、家に一酸化炭素が漏れていることを意味しますか?ビープ音が鳴るのは、単にバッテリーの残量が少ないだけでしょうか。 現時点で取るべき行動について説明してください。

一酸化炭素アラームがビープ音を鳴らしている-ビープ音をリセットして停止する方法 一酸化炭素アラームがビープ音を鳴らしています–ビープ音をリセットして停止する方法は?

一酸化炭素警報–低バッテリー:

一酸化炭素検出器から1分または30秒ごとにビープ音が鳴り、バッテリーの残量が少なく、交換が必要であることを示しています。リセットボタンを押して、9ボルト電池または単3電池2本を交換します (KiddeまたはFirst Alertブランドなど、使用している一酸化炭素検出器のブランドによって異なります) ビープ音を止めます。一酸化炭素検出器がアラームを鳴らしている、または1分に2回以上ビープ音を鳴らしている場合は、以下を参照してください...




実際の一酸化炭素漏れ:

ビープ音が鳴り続けるということは、家に実際に一酸化炭素が漏れていることを意味します。一酸化炭素を検出しているので、ビープ音が鳴っているエリアから出てください。あなたの家の窓を開けて家を出てください。一酸化炭素がどこから来ているのかを調べて問題を解決するか、消防署に連絡してください。ほとんどのコミュニティでは、消防署が来てCOレベルを測定します。彼らは、一酸化炭素警報がビープ音を鳴らし続ける原因を見つけるでしょう。また、一酸化炭素の漏れの原因を教えてくれ、問題の修正を支援します。安全を確保し、疑問がある場合は911に電話してください。


一酸化炭素検出器のアラームビープ音またはチャープ音–キッド

CO検出器が提供するアラームには多くの種類があります。
高レベルのCOを警告するもの。
電池残量が少ない、または検出器の「寿命が尽きた」ことを警告するもの。

COが検出されたときに一酸化炭素アラームがビープ音を鳴らしたらどうしますか?
-アラームのTEST / RESETボタンを押します。
-最寄りの消防署に連絡してください。
-外の新鮮な空気に移動します。
-救急隊が来て、建物の空気が抜け、警報が通常の状態に戻るまで、エリアに入らないでください。

注意: 一酸化炭素アラームが24時間以内に再作動する場合は、資格のあるアプライアンス技術者に連絡して構造を確認し、一酸化炭素の発生源を見つけてください。警報システムが正しく機能していることを確認します。問題があればすぐに修正する必要があります。付属のガレージや家の隣で車が走っていないことを確認してください。これにより、COレベルが高くなります。

一酸化炭素警報器を家のどこに置くか 一酸化炭素警報器を家のどこに置くか?

注意: ほとんどの一酸化炭素検出器は、特定のブランドまたはタイプのバッテリーを必要とします。正しいブランドのバッテリーについては、検出器の製造元の要件を確認してください。電池の種類を間違えると、一酸化炭素検出器からビープ音が鳴る場合があります。

注意: 一酸化炭素検出器の洗浄が必要な場合があります。一酸化炭素検出器のカバーは、洗い流す必要のあるグリース、汚れ、ほこりで覆われることがあります。一酸化炭素検出器の汚れやほこりがビープ音を鳴らす可能性があります。清潔に保つことで、これを防ぐことができます。汚れは空気の流れを制限し、一酸化炭素検出器にCOレベルが高いと思わせるため、ビープ音を鳴らし続けることができます。

一酸化炭素警報 複数の安全機能を備えた一酸化炭素アラーム!

一酸化炭素検出器について質問がありますか?以下にメッセージを残してください、そして私たちは助けることができます!