ソケットに詰まっている壊れた電球を安全に取り除く方法–ステップバイステップ

壊れた電球を取り除くための最良の方法。 電球はガラスでできており、ガラスが割れています。壊れた電球は扱いが難しく、実際には非常に危険な場合もあります。安全な方法を知っていれば、ソケットからそれらを取り外すのは実際には十分に簡単であり、特別なツールを必要としない傾向があります。感電死や裂傷のリスクなしに、壊れた電球を安全に取り外すためのいくつかの異なる方法を提供しました。

ソケットに詰まっている電球を安全に取り除く方法 ソケットに詰まっている電球を安全に取り除く方法

壊れた電球を取り除くために使用できるもの:
-電球リムーバー
-ペンチ
-エポキシ
-ポテト
-ドライバー



電球を取り外す前に

電球に触れようとする前に、 常に光源への電力を遮断します 。これにより、感電のリスクを回避して、より安全に対処できるようになります。 ブレーカーで電源を切る 、特にライトが複数のスイッチによって制御されている場合は、スイッチをオフにするだけでは必ずしも安全であるとは限りません。

作業している地面や家具に割れたガラスがないことを確認してください。 ガラスの破片が関係するプロジェクトを扱うときは、靴と手袋を着用することをお勧めします 。隠れたガラスに身を切る危険がないように、その領域を徹底的に掃除して掃除機をかけます。電球の残りの部分を取り除く作業をする前に、まだ手袋を着用していることを確認してください。 いくつかの保護眼鏡をかける 、ガラスの破片が発生する可能性が高いため。

電球リムーバー

電球リムーバー 購入することができますここまたはあなたの地元のホームセンターで見ることができます。通常、それは天井の高いところからすべてのタイプの電球を取り除くアタッチメント付きのキットで提供されます。 壊れた電球や新品の電球を取り外して交換するための多くの部品が含まれます。

ポール付きの壊れた電球チェンジャーキット ポール付きの壊れた電球チェンジャーキット

ペンチを使用して、ソケットから壊れた電球を取り除きます

これはおそらく、壊れた電球を取り除くための最も認識しやすい方法です。ペンチを使用します。このバージョンでは、電球が無傷であるほど簡単になります。 ペンチを使用してフィラメントのガラスベースをつかみ、反時計回りに非常に静かにひねります。 これにより、ベースをソケットから外して取り外すことができます。ただし、そうでない場合は、代わりにフィラメントが破損する可能性があります。

フィラメントが壊れた場合は、慎重に廃棄し、壊れた電球に戻します。ラジオペンチを電球のベースに置き、できるだけ広く開いて、2つの先端がベースの反対側にくるようにします。反時計回りに回すと、電球のネジが外れ始めます。ペンチをさらに握る必要がある場合は、両端を電気テープで包みます。

ジャガイモを使って壊れた電球を取り除く

はい、あなたはこの権利を聞いたことがあります。ジャガイモを使って、壊れた電球をソケットから取り除くことができます。

残っているガラスをすべてはがします。その際は十分に注意してください。 じゃがいもを半分に切り、ソケットにしっかりと押し付けます。反時計回りにひねる ;ジャガイモは、ソケットが静止している間に電球のベースが回転できるようにする必要があります。壊れた土台は取り除かれ、それとジャガイモの両方を捨てることができます(まだガラスが入っている可能性があるため、後でジャガイモを使用しないでください)。

エポキシを使用して壊れた電球を取り除く

電球が届きにくい場所にある場合は、クイックセットエポキシを使用してソケットから電球を取り外すことができます。このルートを開始する前に、残りのガラスを電球から取り除き、残っていないようにします。 エポキシ片を混ぜ合わせて、電球の底に詰めます。マイナスドライバーをエポキシに押し込んで取り外し、印象を残します

エポキシが乾いた後 (これは使用した種類によって異なりますが、速乾性の場合は通常5分程度です) 、ドライバーを使用して、ネジ自体のようにベースのネジを外すことができます。

壊れた電球を取り除くためにこれらの方法を使用しないでください

手で電球ベースを取り外そうとしないでください 、カットされる可能性が高いため。ソケットを損傷するリスクもあります。 上記の方法のいずれもうまくいかなかった場合は、いつでもハードウェアストアから壊れた電球抽出器を購入できます。

電球が壊れたとき、それを取り除くことを心配する必要はありません。上記の手順のいずれかに従ってください。常に安全に行うことを忘れないでください。問題はまったくありません。

ご質問やご意見がございましたら、以下に情報を残してください。折り返しご連絡いたします。